グラヴィティの行く末は
なんと大変なことが起きました。

グラヴィティがソフトバンクの系列に売却されました。

-----------------------------------------------------
国内オンラインゲーム開発会社のグラビティが、ソフトバンクの系列会社に売却された。

グラビティ側は31日、「キム・ジョンリュル会長が保有する364万619株(52.4%)を、ソフトバンク系列会社のEZERとテクノグルーブに4000億ウォン(約400億円)で売却した」と発表した。

キム会長は今回の売却過程で1株当たり時価の3.5倍にあたる98.25ドルを受けた。 ナスダックに上場しているグラビティ株が24.5ドル前後で取引されていることを勘案すると破格的な金額。 これを受け、キム会長は国内ベンチャー業界で‘史上最大ヒット’の主人公になった。

キム会長は「グラビティをグローバル企業として成功させるのに個人的な限界を感じ始めた」とし、「世界的なゲーム流通網を持つソフトバンクに譲ってグローバル企業に育てるための決定」と明らかにした。

グラビティは02年からオンラインゲーム「ラグナロク」を国内のほか、台湾や日本など37カ国でサービスしており、3400万人の会員を確保している。

グラビティ株の引き受けに参加した日本のテクノグルーブは、孫正義ソフトバンク会長の弟、孫泰蔵氏が運営するアジアングルーブの子会社。
-----------------------------------------------

だそうです。
限界を感じて傘下に入り込んだとはいえ、ちょっと売却先がね!!

たしかに今年に入ってというか夏から新しいMMORPGが多く発表されてます
・テイルズオブエターニオンライン
・RFオンライン
・ヨーグルティング
・エミルクロニクルオンライン
・DJMAX
・フロントミッション
・.hack
この7~9月頭までの短期間でこれだけの新作ゲームがβテスト、発表や課金へと移行されたりしました。

とくに目立ってきたのがコンシューマのメーカーの参入です
いままでは新しい分野ということで参入はなかったのですが
市場が拡大すると同時にナムコやソニー、セガなどが質の高いMMOを発表してます。
そのなかで生き残りをしていくというのはとても難しいことです。
コンシューマとは違い、プレイヤーはゲームを積むということがありません
その人がやってるときは他のゲームはプレイされていないわけですから
お客を失えば儲けも減ります。

ユーザーからずればゲームが目白押しでいいことなんですが
業界的にはとても辛いところでしょうね。

そういえばRJCの動画ストリーミングで見れるそうですよ
公式みてみたらどうでしょ
[PR]
by mill_wayn | 2005-08-31 22:29 | ラグナロク
<< そういえば Oβ後初めてのECOレポ >>