カイト対策を考察する
こんにちわ、シュクレールです。
さて、ソウルリンカーと拳聖実装後はじめてのGVGでした。

ここでは、主に事後情報をピックアップしようという意図で考察をします。
/にゅ缶GVGスレ/同ソウルリンカースレ/BOTNEWS/
の情報を元に作成しています。

一番の目玉であったソウルリンカの操る「カイト」
これはいわゆるファイナルファンタジーの「リフレク」です。
魔法を反射するバリアです。
反射された魔法は術者に跳ね返ります。
よってカイト状態で敵地に突っ込むだけで敵WIZがぼろぼろに崩れてくれる
夢のようなスキルです。

敵側のWIZはこれに対抗するには「水晶のかけら」をもった状態で「WIZの魂」を仲間ソウルリンカからもらわなければなりません。そうすると水晶のかけら1つにつき反射された魔法を1回だけ防いでくれます。

ここでポイントになるのは水晶のかけれは有限なのにカイトは無限にかけられるという点と
防衛側では水晶のかけらを補給するのが困難ということです。

>31 :(^ー^*)ノ~さん :06/07/09 23:14 ID:RuRSFHQa
> 水晶の欠片、危惧してた程ではないが、やはりかなりの量使った
> WP付近じゃなくずらしてやや後方に撃ってたんだが、FWで削られるのと
> 不発が発生したときはカイトかかったまま抜けてきてSG10に直撃してくれる。
> 延々と4同盟ぐらいに入れ替わり立ち代り攻められて、欠片が切れたところにそれであ
> ぼん
> 持って行った水晶欠片の数は約100ぐらい
> 後方でこれだけ使うんだから、WP付近を担当してた人の消費を考えると…

ひとりで100個としてもWIZの人数だけ必要となる。
そして現在の相場は30k程度。もし10人のWIZがいたとしたら30Mの経費をWIZが持ってくことになります。しかも攻めて側では経費はかかりません。これでは到底同盟資金が持ちません。ではコンスタントにカイトに対抗する手段はないのか?

ようは
「防衛側としては反射の被害を出来る限り抑えて、尚且つカイトを消費させる手段が欲しい」
という事になります。

その手段の考察は後にして、このカイトの攻めて側の利点を考えます。
もちろん、魔法反射による突っ込むだけでWIZをぼろぼろにする。と経費がかからないに加えて次のような付加効果が生まれます。(各種スレのまとめ)

・魔法によるヒットストップがないために防衛ラインを抜けるのに役立つ
・魔法ヒットがないため無詠唱でなくても魔法(LPや大魔法)を詠唱する時間が得られる
・魔法ヒットがないためロキに阿修羅や各種スキルを決めやすい。
・火鎧を着てSGを食らって魔法反射させると大ダメージ。

さて、この4つ目が非常にポイントになってきます。
カイトは魔法を反射させるために「本来食らうはずだったダメージ」をそのまま返します。
なので、防衛側のWIZが極端な話MDEF99であっても、反射されたダメージそのまんまを食らうので軽減できません。さらに献身によるダメージ肩代わりができないのも攻めて側からの大きな利点となるでしょう。
もし、攻めて側の不利な点があるとすれば、カイトを突撃部隊にかけるのに時間がかかるという点程度でしょう。

さて、防衛側の視点に戻って、このカイトに如何に対抗するかを考えて見ましょう。
ひとつの方法として「カイトを低レベル魔法で消費させる」という手があります。

>53 :(^ー^*)ノ~さん :06/07/10 00:08 ID:dzz4cbco
> 7・8人リンカーいたがカイトを掛ける時間がかかりすぎ。
> DEXないリンカーのカイトはVITプリのマニピ並みだったな。

> 防衛側は何してたかというと、出現地点付近はFW・LoV・NBとか。
> カイトが剥がれる辺りから本命の大魔法。ロキも数枚あったな。
> 最初はするっと抜けれるんだがやはり途中から動けない。
> まぁ、それでもいつもよりは抜けやすかった。


>81 :(^ー^*)ノ~さん :06/07/10 00:47 ID:v9mDEnsR
> 水晶の消費がかなりやばい。
> 出現位置はFW、Lov、SG1で剥がそうとしたんだけど、そのせいでダンサーがロキ
>の切れ目まで普通に生きてる。
> ダンサーが生きてるような弾幕でバーサクLKが死ぬはずもなくロキ滅多切り。
> とか、切れ目にスクリームされて弱弾幕エリアスキップ、SG10に直撃するカイトとか。

> ダンサーにADS投げまくったのなんか初めてだ・・・

WP付近では低レベル魔法でカイトを引き剥がし、すこし奥でメイン火力を形成する。これでWIZが崩れるのを防げるでしょう。
しかし、問題点が挙げられるとおり、WP周りのロキが手薄になるために、ロキ陥落確立がぐっと上昇するのと、スクリムダンサが生き残るために、WIZがスタンして無力化してしまう。点が残った。

注目は如何にしてカイトを効果的に使わせるか。だが、
サンクはどうかという意見がある。サンクはドル着てる相手では消費してくれるが、それ以外は関係ない模様。ほかにもNBやFW、TS、HDと小範囲かヒット数を調節できる範囲魔法が注目を浴びる。しかし安定性が伴わないのも事実である。
唯一、カイトによる反射を受けないグラビテーションフィールドという魔法もあるが、
しゅんぱつ火力が弱いために、有効打となりえるかは怪しい。
だが、GFはロキに乗ることによって、一人で数枚出せるようになることが今注目を浴びている。
WPからヒットストップ目的で満遍なく敷くと、奥への突破を防げるだろう
>例外的にGFの連続使用の場合は設置場所が重なっていなければ複数発動しても各々の当たり判定が有効である。(WIZテンプレより)

となると旨く役割を配分しつつ
>193 :(^ー^*)ノ~さん :06/07/10 10:54 ID:j/ehxvDn
> 昨日は入り口付近は#、Sbr、ディスペルで固めて水晶持ったVIT振ってる
>高レベル廃WIZだけSG
> あとは水晶なしでMS,LOV,FW,HD,GFこんな感じでやってそれほど水晶は減らず
> ただ防衛の敷居が上がった気はするね
> ADS実装で防衛有利さがあがったのが、結局その前までに戻ったくらい

の防衛方法が一番なきもする。
とにかくWP周りでカイト削る要因になるのならHP装備で反射に耐えれるようにしなければならないだろう。

とにかく、現状、カイト対策が安定しないために、WIZ依存率をさげる必要があると考えられる。
前衛や弓系の数を考え直す必要になる。

しかし、昨日のGvではまだまだリンカーが育ってないために有効な活用法がされていない。また、そこまで防衛側も大きな損害を受けたという報告がない。
今後の報告が待たれる。
[PR]
by mill_wayn | 2006-07-10 16:45 | ラグナロク
<< 高跳びを考察する たなとす >>