ソウル5日間の旅
こんにちわシュクレールです。

ソウルリンカーに関する情報があまり収集できなかったので、今回は防衛方法について軽く考察してみたいと思います。

まず始めに言っておきますが「水晶もたせ防衛が最高である」ということは明記しておきます。あくまで水晶の消費をなるべく抑えた防衛は出来ないか?という論点です。なので魔法防衛よりリスクと火力は落ちることはご了承ください。





まず、たびたび言われる。魔法依存度を落として物理攻撃にすればカイトによる影響、痛手をそこまでこうむらないで済む。という話について。
ここで重要になるのは、物理攻撃でどこまで火力密度を作れるかという点です。
このような攻撃方法にシフトした場合。
//入り口に低レベル魔法あるいは水晶を持った魔法
//カイトがはがせる後方あたりにメイン魔法
といった構成になると思います。
こうなるともちろんロキが狙われやすくなるのでWP近辺の物理攻撃による火力増強が必要になるのです。
そこで私が注目したいのは
①「シャープシューティング」(以下#)
というスナイパーのスキルです。

#:攻撃力450%のライン上の攻撃範囲を持つスキル
CRI+20%の確率で対象のDefを無視する。クリティカル判定の関係でトゥルーサイトとグロリアと相性が良く、素Luk1でも防御無視率43%まで上げられる。

というDEF無視効果を持ったスキルです。
とりでの構造に影響しますが。属性を乗せた#の威力は目を見張るものがあります。以前V3の構造にて#を食らいましたが、かなりダメージソースがありました。各種属性のスナイパを配置すればWIZの魔法に負けないほどの火力を得ると思います。あるいはカイトのために火鎧を敵が着てくることも考えられるので水の中心に攻撃を加えれば強いと考えられます。
物理攻撃依存度をあげるにしてもやはり有用な範囲攻撃がほしいところです。

以下はおまけみたいなものですが
②サンクチュアリ
です。ドル服をきることが少なくないいま、サンクでカイトをはがすことも出来るのではないかと考えられます。あるいは不死の特性からカイトの反射がそれぞれの属性に対して倍率が1倍よりも高いためSGに対する火鎧みたいにあらゆる属性に対応できます。なのでドル服着用は比較的多いです。もちろんひとつの手のうちかたなのですが

③グラビテーションフィールド
ハイウィズのスキルで、唯一カイトの影響を受けない魔法。そしてブラギによってディレイを短縮すれば一人で複数のGFを出すことが出来ます。

④プレッシャー
ダメージ2000固定を与えるパラディンのスキル。さらにはSP40%を削るので有用。ただし4秒詠唱ディレイが4秒ついて単体なので微妙か・・・

⑤ウォールオブフォグ
プロフェッサーのスキル。
霧の中にいる相手にキャラ指定スキルを使用した場合75%の確率でスキルが不発する
あるいは威力を75%にする。
敵が霧の中に入ると、暗闇状態にさせることもできる。
意外と知られていないこのスキル。阿修羅も防げる。
しかし、注意しなければならないのは
「不発」とは、対象を指定してクリックしても何も発動せず、またSP消費やジェム消費、阿修羅による爆裂の解除や気孔の消費も起きない。スキル使用失敗やミス等の表示もでない。スキル使用後ディレイがあるスキルでもディレイが発生しない。
という点である。

その他、阿修羅やASDや知られている強力スキルは言うまでもないということで。

次回は攻め側の観点からいろいろ考察したいと思います。
カイトはそこまで有用って物でもないんです・・・
そして攻めでも水晶は使うんです・・・
[PR]
by mill_wayn | 2006-07-19 15:11 | ラグナロク
<< ウルトラソウルッ!! リンカー考察その2 >>